生活ファイナンス

【生活】実際に3年間住んで分かった「山暮らし」のデメリット5選

こんにちは。

私は現在山奥で暮らしており、もう少しで3年が経とうとしています。

実際の「山暮らし」はどのようなものなのか。

今回は山暮らしのデメリットを中心に、私が感じたことを書いてみようと思います。

【生活】実際に3年間住んで分かった「山暮らし」のメリット5選こんにちは。 私は現在山奥で暮らしており、もう少しで3年が経とうとしています。 実際の「山暮らし」はどのようなものなのか。 ...
この記事では下記を説明しています。
・実際に住んで分かった山暮らしのデメリット

私が山暮らしをはじめた理由

私は2019年の4月から山暮らしをはじめました。

それまでの約25年間は街中で暮らしていました。

山での生活を決断した理由はいくつかありますが、

一番の理由は仕事の花づくりに集中するため。

ちなみに、花づくりも移住と同じタイミング(2019年4月)から

スタートしています。

自己紹介【借金とシンプルな生活】はじめまして! 花づくりFPこと渡邊 凜太(わたなべ りんた)と申します。 現在は主に下記の2つの仕事をしながら生活しています。...

山暮らしのデメリット

この記事では実際に山暮らしをすることで感じたデメリットのみを5つ書いています。

山暮らしのメリットについては別の記事で紹介しているので、

そちらもあわせてご覧ください。

【生活】実際に3年間住んで分かった「山暮らし」のメリット5選こんにちは。 私は現在山奥で暮らしており、もう少しで3年が経とうとしています。 実際の「山暮らし」はどのようなものなのか。 ...

①虫が多い

1つ目のデメリットは「虫が多い」ということ。

市街地と比べると山間地は虫の数が多く、

大きい虫や普段見ないような虫もたくさんいます。(笑)

「虫を見るだけで声が出てしまう」

というほど虫が苦手な方にとっては、

山暮らしはかなり大変かもしれません。

私だけでなく他に山へ移住された方々も、
「移住当初は虫が苦手だったが、住んでいるうちに慣れてしまった」と話される方も多いので、
もしかすると虫嫌いが山移住で克服できるという可能性もあります。(笑)

②冬場は寒い

2つ目のデメリットは「冬の気候が厳しい」ということ。

山間部は市街地よりも標高が高いぶん気温は低くなります。

特に「雪」は冬の山暮らしとなかなか切り離せないもので、

気温が低いぶん「市街地で降る雨やみぞれが、山では雪になる」ということも多いです。

除雪や屋根の雪おろし時間や体力を奪われてしまうので、

これが大きな負担になってしまいます。

冬が険しいぶん夏は涼しく快適なので、一長一短と言えるでしょう。

③通勤は大変

3つ目のデメリットは「通勤が大変」ということ。

山間部にはそもそも会社自体が少ないので、

ほとんどの方が出勤のたびに山を下る必要があります。

通勤時間がかかるぶん、

市街地(会社の近く)に住んでいる方よりも早い時間に家を出て遅い時間に帰宅することになるため、

「時間」が奪われます。

また、山道の運転は体力を使うので、

「体力」も奪われます。

冬場は更に自宅の除雪もしなければならないので、

会社に出社した頃にはすでにクタクタなんてことも。

その一方で、在宅勤務などのどこでも仕事ができる方にとっては◎。
山間部は作業に集中するにはもってこいの環境だと思います。

④友達は減りがち

4つ目のデメリットは「友達が減りがち」になるということです。

山暮らしをする = 人の少ない場所に行く ことになるため、

友達の家までの距離が離れてしまうことがほとんどです。

友達に会うには自分が下山をしたり、

相手から山の上まで登ってきてもらう必要があるため、

少し負担になってしまいます。

これにより私の場合は友達と会う回数激減してしまいました。

「友達と頻繁に会わないと寂しい」という方にとっては、

山暮らしはかなりストレスを感じるかもしれません。

私はひとりで山暮らしをしていますが、本当に孤独です。

「友達とはたまに会えれば良い」と割り切れる方にとっては、山暮らしは負担になりにくいように感じます。

⑤情報が入ってこない

最後のデメリットは「情報が入ってこない」ということです。

山暮らしをしている方は高齢者の方が多いので、

会話からなかなか新鮮な情報を得ることはできません。

そのため自分から動いて情報を取りにいかないと、

どんどん時代に置いていかれてしまいます。

インターネットやテレビなどたくさん情報を得る方法はありますが、

やはり「人からもらう情報は大事だなぁ」と私は思っています。

人と会う回数が減りがちな山暮らしだからこそ、

「より積極的に情報を取りに行かなければ」と日々考えさせられるきっかけになっています。

まとめ

山暮らしのデメリット5選。いかがでしたでしょうか。

このように実際に住んでから分かった山暮らしのデメリットもたくさんあります。

今回の記事ではデメリットのみを書いたので、

「山暮らしに興味はあったけどやっぱり難しそうだなぁ」

と感じてしまった方も多いのではないでしょうか?

ですが、私は

「このデメリットを上回るほどのメリットが山暮らしにはある」

と感じているので、現在も山で暮らしています。

山暮らしが合う方と合わない方は大きく分かれるかと思いますので、

ぜひメリットとデメリットを見比べて頂き、参考にして頂ければと思います。

 
山暮らしに興味のある方にとって、この記事が一歩を踏み出すきっかけになればと思います。

【生活】実際に3年間住んで分かった「山暮らし」のメリット5選こんにちは。 私は現在山奥で暮らしており、もう少しで3年が経とうとしています。 実際の「山暮らし」はどのようなものなのか。 ...